自信とマナーを身につけるために大切な面接練習

メンズ

面接で必要なマナー

面接で必要なマナーにはいくつかポイントがあります。まず面接は面接官に対してどれだけ良い印象を付けるかということにかかってきます。そのため一番重要なのは自分を紹介するときや志望動機(志望学部)を具体的に説明することに慣れておきます。言葉遣いや態度も何度も練習しておけば慣れてきます。
また受付するなら15分程度は余裕を持って済ませておきましょう。受付では名前や用件を伝えること、返事を明確にしておくことも重要です。控室で待っている時もすでに面接が始まっていると考えておきましょう。例えば誰かと大きい声で談笑する、スマホをいじるというのは避けておきたい行為です。担当官が呼びに来たらすぐ応じられるようにしておきます。
面接会場ではノックを必ずしてから入ります。中からどうぞ、という声が聞こえて初めてドアを開けます。ドアを開けたら最初に失礼します、という礼儀も忘れずに言いましょう。
面接会場に入ったらドアを閉めて一礼し、そこで初めて自分の在籍している学校名と名前を告げます。告げ終わると同時に「よろしくお願いします」と一礼します。また間違っても面接官に勧められる前に席についてはいけません。「どうぞ」と言われて初めて「失礼します」と言いながら席につきます。また面接が終わり、ドアの外に退出するまでがすべて面接です。心して対峙するようにしましょう。

最後に1点だけ注意点があります。在籍している学校で面接の練習や指導があると思いますが、最近増えているのがスマホや携帯が途中で鳴るという現象です。せっかく上手に面接の受け答えが出来ても、これでは心証が悪くなることもあります。面接では携帯を切るなどして十分注意しましょう。

面接は備えが肝心!効果的な練習方法

面接対応で一番重要なのは聞かれた内容にどれだけ上手に答えられるかということです。そのためには予め質問されそうな内容を想定しておきましょう。面接対応をしてくれる学校なら、想定問答を予測している学校や予備校があります。しかし普段どれだけ練習したかによっても答え方は違ってきます。想定外の質問が来る場合もありますが、色々な角度から質問を考えておくのも良い方法です。
自分で効果的に練習するならまず、回答するときはできるだけ端的に答えられるようにしておきましょう。説明が長すぎる、まとまっていない回答は面接官に悪い印象を持たれることもあります。せいぜい長くても3分以内でまとめておきます。また回答内容は具体的に行い、ぼんやりとした曖昧な回答は避けるようにしましょう。そして話す時は相手に伝わりやすいように視線や仕草も注意して話します。定まらない視線や微妙に貧乏ゆすりをする癖がある人は要注意です。
面接に備えるなら、一人で想定問答を考えて(もちろん学校で指導があるならそれを元に)なるべく何回もエア練習をしてみましょう。何度も発言の練習をしておくことで、面接のイメージができて余計な緊張をせずに済む場合もあります。

こちらもチェック!人気記事一覧

音楽

音楽の魅力を学ぶなら武蔵野音楽大学がおすすめ

武蔵野音楽大学に志望する方は必見の記事です。武蔵野音楽大学の歴史や学部(その特徴)・奨学金制度などを解説しています。また武蔵野音楽大学で年間行事の人気トップ3や豪華で素敵な施設、充実の設備についても紹介しています。

READ MORE
女子学生

面接の疑問を解決!面接前に学ぶべきマナーとは

面接を受ける場合の流れを解説します。面接で必要なマナー、本番前に確認したい面接の注意点なども理解したい方は必読です。また面接形式にはどんな種類があるのか、どんな特徴があるのかも紹介しているので面接の予備知識を得るには最適です。

READ MORE